神戸大学 大学院理学研究科・理学部

理学部・AO入試

理学部が求める学生像

 理学部では数学や理科の学問体系を土台にして、自然科学の基礎的領域の教育と研究を行い、学生自らが課題を設定し、それを創造的に解決する能力をもった人材育成を行っています。AO入試では以下のような学生を求めています。

AO入試:生物学科が求める学生像

 生物学は身近な生きものを対象とした親しみやすい学問ですが、「生命とは何か」という自然科学において最も難しい問題の一つを解き明かそうとしている学問でもあります。生物学を学び修めるためには、すべての生物に共通する根本原理の解明から、生物多様性が創出・維持される仕組みの理解に至るまで、多角的な視点で生命現象を捉え、理解しようとする姿勢が強く求められます。
 そのような姿勢を真にもつ学生に入学してもらうために、AO入試では、生物学に関する専門的知識と実験・観察手法を積極的に身につけ、かつ創造力をもって自らが得た知識・手法を応用しようとする学生を求めます。具体的には、次のような学生を求めます。

  • 生物学の基礎知識を十分に有するとともに、高校教科書にとらわれない探究心や洞察力を持つ学生
  • 正規の授業に加えて、生物学に関する活動に積極的に取り組んだ学生
  • 生物が見せる多様な生命現象について興味をもち、その仕組みを深く理解しようとする姿勢をもつ学生

AO入試:惑星学科が求める学生像

 地球の中心から太陽系の果てまでの現象を連続的に取り扱う惑星学科では、学生の皆さんに惑星学の幅広い知識と技能を習得してもらうと同時に、既存の枠組みにとらわれない広い視野と創造力・独自性を養ってもらいたいと考えています。そのためには、学問的基盤となる数学、物理学、地学、化学、生物学などを理解して、その上で野外調査・観測・実験・理論的解析の手法に親しんで欲しいと思っています。
 このAO入試では、特に以下のいずれかに該当する学生を歓迎します。

  • 惑星や地球で起こる様々な自然現象やそれらに関連した実験・観測・理論に強い関心を持っている学生
  • 正規の授業に加えて、地学に関する活動に積極的に取り組んだ学生