学生本審査関係

 【はじめに】  

 従来、学位規則(昭和28年文部省令第9号)により博士の学位を授与された者は、
学位を授与された日から1年以内に学位論文を印刷公表しなければならないとされ
ていましたが、平成25年4月の学位規則改正により博士の学位を授与された者は、
学位を授与された日から1年以内に博士論文の全文をインターネットの利用により
公表することとなりました。

本学においては、神戸大学学位規程により博士論文の全文を神戸大学学術成果リ
ポジトリの利用によりインターネットで公表することとしています。

ただし、以下のようなやむを得ない理由により1年を超えて、博士論文の全文を
インターネットで公表
出来ないと承認された場合は、原則として博士の学位を授与
された日から2年間公表しません。

 該当者は、「博士論文全文の公表延期申請書(新規)様式1」を理学研究科教務
学生係へ申請願います。さらに、承認された期間を超えて公表を延期するやむを得
ない理由が生じた場合は、承認された期間内に改めて所定の様式により申請願います。

 

【やむを得ない理由】

@ 博士論文が,立体形状による表現を含む等の理由により,リポジトリの利用に
 より公表することができない場合

A 博士論文が,著作権保護,個人情報保護等の理由により,博士の学位を授与さ
 れた日から1年を超えてリポジトリの利用により公表することができない内容を
 含む場合

B 出版刊行,多重公表を禁止する学術ジャーナルへの掲載,特許の出願等との関
 係で,リポジトリの利用による博士論文の全文の公表により博士の学位を授与さ
 れた者にとって,明らかな不利益が博士の学位を授与された日から1年を超えて
 生じる場合

C その他,特別な理由がある場合

 

(注意)

  1.博士論文全文のインターネットによる公表の延期を承認した場合でも、国立国
  会図
書館及び神戸大学附属図書館において、博士論文の全文は閲覧に供されます。

2.博士論文全文の公表延期を承認した期間を超えると、神戸大学学術成果リポジ
 トリの利用によりインターネットで公表します

 

参考

 博士論文全文の公表延期申請書(新規) 別紙様式1(WORD 見本(PDF

 博士論文全文の公表延期申請書(継続) 別紙様式2(WORD 見本(PDF

 博士論文全文の公表延期理由解消申請書 別紙様式3(WORD 見本(PDF

 博士論文全文の非公表申請書      別紙様式4(WORD 見本(PDF



   課程博士学位論文本審査について

 
研究成果発表会において,学位論文草稿等の内容が学位審査に値すると認められた者の
学位審査は,次により行う。


1 学位論文等の提出
(1)学位論文の審査を願い出る者は,次に掲げる書類等を研究科長(理学研究科
 教務学生係)に提出すること。
 @学位論文審査願  別紙様式1 
(WORD) (PDF) 見本(PDF) 1部 
 A論文目録       別紙様式2 (WORD) (PDF) 見本      2部(本紙)及び4部(写し)
 B学位論文      電子媒体(CD−R)               1枚
               簡易製本(ファイル等に綴じる)された冊子 4部*注意!!
               課程博士学位論文等作成要領        

 C論文内容の要旨  別紙様式3 (WORD)
 (PDF)        10部
 D履歴書        別紙様式4 (WORD) (PDF) 
見本(PDF) 2部(本紙)及び6部(写し)
 E承諾書(共著論文を含む場合)    
(WORD) (PDF)      1部
 Fその他参考論文  論文目録見本の「参考論文」の箇所及び
               課程博士学位論文等作成要領Yを参照  学位論文と同数
 G修了者データ作成票
       (WORD) (PDF)    1部
 H進路等調査票           (EXCEL) (PDF)    1部
(H24.11.28付更新)
 I学位記記載事項確認書     ここをクリック       1部
 
 

 *修了者データ作成票は,論文提出日までに理学研究科教務学生係あて電子メールでも
  送付してください。   理学研究科教務学生係 sci-kyomu☆office.kobe-u.ac.jp
                                            ※☆印を"@"に変更してください。

 
*学位論文・・・4部とあるのは,論文審査委員会が3人で構成される場合で,審査委員が
       1人増えるごとに1部増加して提出してください。なお,審査委員の人数が不明な
       場合は,理学研究科教務学生係までお問い合わせください。
       4部の内訳は,論文審査委員3部,理学研究科保管用1部です。
               

(2)学位論文の提出期間
   別に掲載する学位論文審査日程を参照してください。

2 学位論文等の作成要領

別添の「課程博士学位論文等作成要領」を熟読のうえ,誤りのないように作成してください。

3 論文審査

論文審査は、審査委員会によって行われる。審査委員会は,教授2人以上を含む研究科の教員3人
以上をもって組織し,主査1人及び副査をおき,学生の指導教員が所属する講座又は専攻以外の
教員を含めるものとする。審査のため必要があると認めるときは,学位論文提出者の専門分野に
関係の深い学術領域の研究科博士課程後期課程担当相当の者を審査委員に加えることができる。


4 最終試験
    学位論文を中心として,これらに関連する専門科目について,筆頭又は口頭により
  審査委員会が最終試験を行う。試験科目,期日等については,審査委員会から通知する。


5 論文発表会

  審査委員会は,論文発表会を開催するものとする。

6 学位授与の可否及び学位に付記する専攻分野の名称の決定

学位授与の可否及び学位に付記する専攻分野の名称の決定は,審査委員会の論文審査及

び最終試験の結果の報告に基づき,研究科教授会において行う。


7 博士学位論文の公開について
   神戸大学附属図書館において,学内の研究成果を広くインターネットで公開する事業を行っ
  ています。博士学位論文の公開については,次のURLをご参照ください。

   (神戸大学学術成果リポジトリ)
    http://www.lib.kobe-u.ac.jp/kernel/regist_thesis.html