神戸大学 大学院理学研究科・理学部

News Release

2020.06.23

惑星学専攻の牧野教授らの研究グループが Preferred Networks 社と共同開発した 深層学習用プロセッサーMN-Core™を搭載したスーパーコンピュータMN-3が、消費電力あたり性能世界第1位に認定されました。

 神戸大学大学院理学研究科の牧野教授と株式会社Preferred Networks は理化学研究所AICS/R-CCSの協力のもとに 深層学習向け超低消費電力プロセッサMN-Core™を搭載した、PFNの深層学習用スーパーコンピュータMN-3が、 最新のGreen500リスト*1において世界第1位に認定されました。 MN-3は、スーパーコンピュータの電力あたりの演算性能(省電力性能)を示す High Performance Linpack(HPL)ベンチマーク*2 で21.11Gflops/W*3 (1W・1秒あたり約211億回の演算)の処理性能を実現しました。 これは、直前のGreen500リストにおける最高性能(16.876Gflops/W、2019年11月)の1.25倍、 歴代の同リスト最高性能(18.404Gflops/W、2018年6月)の1.15倍であり、 世界が競い合う「深層学習用スーパーコンピュータの超低消費電力化」において MN-Core および MN-3 の技術が世界をリードするものであることが証明されました。
 MN-3は、JAMSTEC (国立研究開発法人 海洋研究開発機構) 横浜研究所 シミュレータ棟に設置され、2020年5月より稼働を開始しています。
 今回の測定に使ったシステムは、MN-3全体のうち40ノード、MN-Core160個です。

  • *1 ピーク性能(理論値):3.92Pflops
  • *2 連立一次方程式を解く計算速度(HPLベンチマーク):1.62Pflops
  • *3 消費電力1Wあたりの性能:21.11 Gflops/W
 詳しくは、こちらをご覧ください。

ニュース一覧