神戸大学 大学院理学研究科・理学部

研究トピックス

宇宙論で探る素粒子と重力の物理

物理学科・物理学専攻 宇宙論教育研究分野 野海 俊文 助教

野海 俊文 助教  宇宙の歴史を紐解く「宇宙論」、ミクロな世界の基本法則を探る「素粒子論」、量子重力理論の有力候補である「超弦理論」の3分野にまたがって理論的研究をしています。特に、近年進展の著しい宇宙論を用いてミクロな世界における素粒子や重力の性質を解き明かすことを目指しています。

 これまでの主な研究テーマの1つは宇宙初期の加速膨張「インフレーション」です。右下の宇宙年表にも描かれているように、インフレーション中には宇宙が急激に膨張し、ミクロな世界の情報が宇宙規模に引き伸ばされます。そのため、宇宙最古の光「宇宙背景放射」などの観測を通じて素粒子の世界を探索することが可能になります。地上で行う素粒子実験では、粒子を加速し、高エネルギーで衝突させることでミクロな世界を探索しますが、この考え方を応用し、インフレーション宇宙そのものを「超高エネルギー加速器」とみなして、大統一理論や超弦理論などの「素粒子の究極理論」を検証する手法を理論的に開発してきました。

 そのほかにも、超弦理論に代表される量子重力理論の立場から、現代物理学の最大の謎である「暗黒物質」や「暗黒エネルギー」の正体に迫ろうという研究を進めています。

 理論物理学は分野の垣根が低く、様々なバックグラウンドを持った研究者が交流することで発展してきました。また、学生や研究員、教員みんなが自分のアイディアを持ち寄って日々切磋琢磨しています。物理の議論が好きな皆さん、神戸大学で是非一緒に研究しましょう!

研究トピックス一覧