神戸大学 大学院理学研究科・理学部

化学科・化学専攻

化学科・化学専攻紹介

理学部化学科

 錬金術にルーツをもつとされる「化学」という学問は、その旺盛な開拓精神を受継ぎ、新しい物質、新しい化学現象や化学原理を探し求めて、絶えず周りにある学問領域を取り込みながら進化し、私達の生活に直接大きな変革をもたらしてきました。人類がこれまでに化学から受けた恩恵ははかり知れません。ただ、その反面、化学が創り出したものが、現在、地球あるいは人間環境に種々の問題を生み出していることも事実です。
 しかし、私達は新しい切り口からの化学の発想により、これらの問題を解決しつつ、私達の社会に更なる発展をもたらすことができると考えています。本学科は、そのような社会貢献を担える「領域・専門にとらわれずに化学的発想や化学的手法を駆使して様々な問題に取り組める」人材を育成することを目指しています。

理学研究科化学専攻

 化学は文字通り,「物質の科学」であり,生命科学から物質科学まで,極めて広範囲の分野の根幹を担います。化学専攻では,分子の構造・特性をとらえ物質の諸性質が発現する機構・原理を解明する基礎分子物性化学と,有用な機能や性質を持った物質の新合成法を創出する物質創製化学を二大柱としています。これらの基礎的各分野の一貫した教育により,世界水準の研究者の養成を行うとともに,社会的要請の高い問題発掘・解決能力を持つ高度な企業研究者の養成を目指すための教育研究を行います。

教育研究分野

講座 教育研究分野
物理化学 分子動力学,物性物理化学,反応物理化学
無機化学 固体化学,溶液化学,状態解析化学
有機化学 有機反応化学,生命分子化学,有機分子機能

化学専攻・連携講座

講座 連携機関 担当
理論生物化学 (独)理化学研究所 博士課程前期課程・後期課程
構造解析化学 (財)高輝度光科学研究センター 博士課程後期課程