神戸大学 大学院理学研究科・理学部

News Release

2020.05.18

化学専攻の秋本誠志准教授らのグループによる研究の成果「珪藻光化学系I-FCPの分子集合と機能に関する構造基盤」がNature Communications誌に掲載されました.

 岡山大学、理化学研究所、京都大学、兵庫県立大学、基礎生物学研究所、神戸大学の共同研究グループは、海産性珪藻の光化学系I–集光性色素タンパク質複合体の立体構造を解明しました。 16個の集光性色素タンパク質が1つの光化学系Iを取り囲むように結合しており、多数の色素分子が配置していることがわかりました。 複合体の構造とその中に存在する色素分子の配置から,集光性色素タンパク質で集められた光エネルギーがどのように光化学系Iに伝達されるかが示されました。  詳しくは、こちらをご覧ください。

ニュース一覧