神戸大学 大学院理学研究科・理学部

What's NEW

2022年度前期の理学部・理学研究科における活動指針[pdf]
22/05/02 生物学科の佐藤拓哉准教授(現・京都大学生態学研究センター)の研究が、NHK「ダーウィンが来た!」で紹介されます。
22/04/28 惑星学専攻博士前期課程の岩本さん、都市安全研究センターの末永さんと吉岡教授は、 アラスカ沈み込み帯の低周波微動と脱水の関連を解明し、研究成果がScientific Reportsに掲載されました。
22/04/28 惑星学専攻の兵頭政幸名誉教授、博士前期課程修了の松下隼人さん、田辺翔汰さん、三木雅子研究員らの研究チームが 水月湖年縞堆積物から大規模かつ急速な地磁気極移動現象を発見しました。
22/04/20 生物学専攻の近藤侑貴准教授が、「維管束発生過程の再構築による幹細胞制御機構の研究」 という業績内容で令和4年度文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。
22/04/18 令和5年度4月入学 理学研究科博士課程前期課程(惑星学専攻 自己推薦)の入試情報を更新しました。
22/04/15 化学専攻の秋本誠志准教授、内海域環境教育研究センターの村上明男准教授(研究当時)らが、 始原的シアノバクテリア光化学系I三量体の構造を解明しました (eLife誌に掲載)。
22/04/11 化学専攻の秋本誠志准教授らの研究グループが、珪藻の光合成色素タンパク質超複合体の立体構造解析に成功しました (Nature Communications誌に掲載)。
22/04/11 化学専攻の秋本誠志准教授、植野嘉文研究員らの研究グループが、真核生物で初めて、光化学系I多量体の構造を解明しました (Nature Communications誌に掲載)。
22/04/08 理学研究科化学専攻の津田明彦准教授とAGC(株)の産学共同研究の成果が、4/6の日経産業新聞および日経電子版で報じられました。
22/04/04 惑星学専攻の島伸和教授らの研究グループは、背弧海盆である南部マリアナトラフの上部マントル比抵抗構造を、海底の電磁気観測データから初めて明らかにしました。
22/03/24 分子フォトサイエンス研究センターの立川貴士准教授のグループによる太陽光水素・過酸化水素製造に関する論文がNature Communications誌に掲載されました。
22/03/22 化学専攻の津田明彦准教授とAGC株式会社の産学共同研究グループが、可視光でクロロホルムの光酸化に成功。
22/03/14 惑星学専攻では、3年次編入および大学院博士前期課程(修士課程)入学希望者を対象に、2022年度オープンラボ(入試説明会)を4月16日(土)にオンラインにて開催します。
22/03/11 生物学科/生物学専攻では、総合型選抜、3年次編入学および大学院博士前期課程(修士課程)入学希望者を対象に、入試説明会を4月23日(土)に神戸大学理学部にて開催します。説明会当日の内容の一部は動画として生物学専攻ホームページにて公開する予定です。詳しくは生物学専攻ホームページをご覧ください。
22/03/03 物理学専攻の小手川恒准教授が2022年日本物理学会論文賞を受賞しました。
22/02/17 化学専攻の津田明彦准教授らの研究グループは、”光オン・デマンド有機合成法” でクロロホルムからポリウレタンとその原料のイソシアネート合成に成功しました。
22/01/18 化学専攻博士前期課程修了の濱田実里さん(ダイキン工業)による「動物の磁気コンパスの謎」に関する著者インタビュー記事がNature Asiaサイトに掲載されました。
22/01/13 惑星学専攻博士課程前期課程1年の瀬下幸成さんと都市安全研究センターの吉岡祥一教授は、2018-2019年に豊後水道下で発生した長期的スロースリップイベントのすべりの時空間分布を明らかにし、同研究成果がScientific Reports誌に掲載されました。
22/01/13 化学専攻の小堀康博教授ら研究グループは、光吸収による励起子反応効率200%を実現する材料設計の新概念を実証し、ACS Energy Lettersに掲載されました。

Back Number